プロミス カード

地域によってはプロミスは土日でもカードがその日に受け取れる

契約機を使うプロミスの手続きを考える

プロミスでの契約は無人の自動契約機の利用であれば、最短即日でその場で完了ができるようになっています。来店不要のWeb契約でもその日のうちの手続きが可能ですが、異なるのはそのままその日のうちに借りられるかどうかです。

 

地域によるプロミスの早い借り入れ

 

Web契約による振り込み融資でもその日のうちの借り入れはたしかに可能ですが、平日の14時までに手続きを終えなければならないことや、銀行振り込みでの借り入れとなるために通帳にプロミスからの入金の記録が残るのが問題となります。

 

その点で契約機を使う直接のカード受け取りの手続きであれば、振り込みのように記録は残らず、提携ATMでの借り入れや返済だとしても明細はWeb上での交付が可能となっているために後日の郵送もありません。

 

地域によってはプロミスの契約機が設置されていない場所がありますが、それでもプロミスの契約機は設置台数が他の消費者金融よりも多いため、大体の地域で最短即日でその場での契約とカード受け取りが可能です。特に東京都であれば非常に多くの契約機があり、新宿区で見ると以下のように多数の契約機が設置されています。

 

契約機 設置住所
新宿南自動契約コーナー 東京都新宿区西新宿1丁目18-2晴花ビル5F
新宿西自動契約コーナー 東京都新宿区西新宿1丁目2番6号小杉ビル1F
新宿モア自動契約コーナー 東京都新宿区新宿3丁目21番7号東新ビル1F
歌舞伎町自動契約コーナー 東京都新宿区歌舞伎町1丁目16-2富士ビルディング1・2F
高田馬場自動契約コーナー 東京都新宿区高田馬場1丁目27番6号KIビル4F
新宿新都心自動契約コーナー 東京都新宿区西新宿1丁目18番6号山兼新宿ビル1・2F
新宿区役所前自動契約コーナー 東京都新宿区歌舞伎町1丁目2-1ナインティー新宿ビル5階
新宿靖国通り自動契約コーナー 東京都新宿区新宿3丁目23-11ケーズビル7F

 

その他、プロミスでは三井住友銀行のローン契約機でも手続きが行えるようになっているので、三井住友銀行の店舗が多数設置されている地域なら、さらに契約機の設置台数が増えることとなります。上には挙げてませんが新宿区には三井住友銀行のローン契約機も非常に多いため、プロミスの契約を行うには便利な地域であると言えます。

 

契約機は誰か他の人が使っていると利用ができませんが、新宿区のように多数の設置があれば別の場所での手続きが進められるので、急ぎでプロミスでのカード受け取りを進めたい場合には契約機の設置が多い地域の方が良いのです。

プロミスでの手続きを早く進めるためには契約機の利用が便利で適していますが、契約機での手続きをより早くに進めるためには大きなポイントがあります。

 

それは申し込み内容の正確さであり、入力をする際にミスや間違いが多くなってしまうと、確認のために連絡が入るなどして審査に時間がかかることとなります。審査はネットで事前に受けるものですが、その時点で余計な時間がかかってしまうと契約機での早い手続きも難しくなります。

 

また、ネットでの入力内容に間違いがあるままで審査が進んでしまうと、契約機まで行った際にさらに時間がかかることとなります。入力内容との大きな相違があれば審査のやり直しにもなりかねず、そうなると時間がかかるだけでなくネットではOKだった審査の結果も、契約機でNGとなる可能性すらもあります。

 

プロミスの契約機での手続きを早くに進めるためには、コツといったものはありません。あくまで上記のポイントを抑えておくだけでよいので、各地のプロミス契約機で手続きを進める際においてはしっかりと確認をしておくようにしてください。

続きを読む≫ 2017/09/15 14:34:15

プロミスの契約機を使った手続きを進める場合においても、事前に予めネットで申し込みを行っておくのが基本とされています。契約機に行くならそこで申し込みを行えば良いではないかと考える方もいますが、それでも基本は事前のネット申し込みです。

 

事前のネット申し込みが良いとされる理由の一つが、時間を無駄にしないという点です。ネットでの申し込みなら暇なとき、空いた時間にスマホからでも手続きが始められるため、契約機に行くのは後の時間であるとしてもネットならいつでも申し込みが行えます。

 

プロミスでは審査の回答時間と契約機の営業時間が異なることも、ネットでの事前の申し込みが良いとされている理由です。契約機の営業は遅いところで22時までとなっていますが、審査の回答に関してはプロミスでは21時までとなっています。

 

21時までに申し込みをしないと審査の回答が得られず、21時から22時までの間に契約機で申し込みを行ったとしても、当日中の審査結果回答と契約は不可となってしまいます。

 

また、審査に通るかどうかは申し込みをしてみないと分からないのも、事前のネット申し込みが良いとされる大きな理由です。わざわざ契約機まで行ったのに審査落ちとなる状況は決して少なくはないので、無駄となる可能性も高くなります。

 

これがネットでの事前の申し込みなら契約機に行く前に審査落ちとなる結果がメールや電話で分かるため、わざわざ契約機まで行くはずだった時間も手間も、無駄となるために省くことができるのです。

続きを読む≫ 2017/09/15 14:34:15

早さが魅力となるプロミスでの借り入れは、たしかに早い点は良い部分ではあるのですが、何もそこだけが利点となるわけではありません。多くある借り入れ先の中でもプロミスが選ばれる理由は他にもあります。

 

そのうちの一つが、初めてプロミスを利用する方を対象とした30日間の無利息サービスです。初回は借り入れの翌日からが30日間無利息となるため、余計な利息負担を抑えつつ返済が行えるようになっています。

 

消費者金融での借り入れとなるプロミスは決して金利が低くはないので、30日間も無利息で借りられるのは非常に大きな良さとなります。また、他の無利息サービスとは異なり借り入れの翌日からとなるのもプロミスだからこそで、無利息期間を無駄にせずにフルに利用ができるのです。

 

プロミス以外の消費者金融で見ても、こちらのページhttp://www.consumer-loan.jp/tokucho/murisoku.htmlにある通りアイフルやアコムでも初回は30日間の無利息期間が付きます。しかし、プロミスとは違いアイフルやアコムは契約の翌日からの無利息期間となります。

続きを読む≫ 2017/09/15 14:34:15

プロミスは早い手続きで最短即日融資も可能となる頼れる消費者金融のカードローンサービスですが、早さがある反面、金利は決して低い水準とは言えなくなっています。

 

上限での借り入れとなれば実質年率で17.8%の金利となり、一般的なローン金利と比べると大幅に高くなってしまいます。ただ、プロミスではローン商品のように数百万円といった大きな金額を借りるわけではなく、数十万円程度が現実的な範囲となるため、金利が多少は高くても支払いが困難にならないようになっています。

 

それでも金利は抑えて借りたい、なるべくなら利息の支払いを少なくしてカードローンを利用したいと考えるのであれば、プロミスをはじめとする消費者金融は適していないといえます。

 

消費者金融はどこで借りるにも初回は上限金利となるのが基本であるため、プロミスなら17.8%に、モビットなら18.0%、ダイレクトワンなら20.0%といった具合にどうしても金利が高くなってしまいます。

 

低金利で借りるなら消費者金融ではなく銀行のカードローンとなり、銀行の中でもこちらのhttp://www.andos.info/オリックス銀行カードローンなら限度額によって適用金利が分けられているため、大きな金額での低金利での借り入れも可能となります。

続きを読む≫ 2017/09/15 14:34:15

カードローンは限度額の範囲内で繰り返し何度でも借りられ、契約機の設置がある借り入れ先なら最短でその日のうちのカード受け取りも可能となることで大変便利な、困ったときに助かる頼れるサービスです。

 

消費者金融や銀行、信用金庫と様々なカードローンの借り入れ先がある中で、早さを中心とした優れる点が多いために人気となっているのがプロミスです。最短30分の審査回答、最短1時間の振り込み融資ととにかく早くに借りられるので、今日中にお金が必要な方にもプロミスは頼れます。

 

ただ、カードローンサービスは非常に多くあるため、プロミス以外も見ておくと良いでしょう。プロミス以外の候補となるとモビットが挙げられ、モビットならプロミスと同様に契約機を使った土日の最短即日カード受け取りも可能です。

 

ネットでの申し込みが進めやすいのもモビットの強みで、最終的な入力項目に違いはありませんが、モビットでは審査に進む段階までの入力項目はプロミスをはじめとする、他の借り入れ先よりも少なくなっています。

 

審査に最低限必要な情報だけを入力して手続きが進められ、審査に通過ができれば追加で契約に必要となる情報を入力するので、モビットなら手続きに無駄な時間がかからない強みがあります。

続きを読む≫ 2017/09/15 14:34:15